米ぬか酵素風呂 五日市
WEB予約 〒731-5145広島県 広島市佐伯区 隅の浜1-3-11

ブログ

ホーム > ブログ

2016年9月23日金曜日





《楽健法 施療のお知らせ》
楽健法研究会本部認定セラピスト 若本るみ子が施療します。
・米ぬか酵素風呂 五日市 2階ホールにて...
・1日1名 12時~13時 (応相談)
・施療時間 60分
・金額は酵素風呂チケット1枚 
(チケットをお持ちで無い方は2700円)
・完全予約制です、電話で予約してくださいネ








楽健法とは…
奈良県の桜井市にある、磐余山(いわれざん)東光寺の住職、
山内 宥厳( やまのうち ゆうげん)先生の提唱している健康法です。
足圧で全身の筋肉を踏みほぐし、体中に巡っている管(血管、リンパ管、神経など)の循環を良くする療法です。
運動不足や、逆に過度な運動、酸性に偏った食事などで筋肉は硬くなります。
筋肉と骨とは腱で繋がっていますが、筋肉が硬くなって膨らむと膨らんだ分だけ長さが縮みますので、ぴんと糸を張ったようになります。
この膨らんだ筋肉は血管やリンパ管などを圧迫して血液や体液の流れを減少させます。
縮んだ筋肉側に骨を引っ張りますので骨もゆがみます。
その逆側の筋肉は引っ張られて長くなり弾力を失います。
この硬くなったかたまりをほぐしてやると筋は元の長さに戻ります。
筋肉が柔らかくなり、管のとおりが良くなると、血液は実に偉大な力を持っていて、病気の色々な症状を治します。
筋肉がほぐれ、全身が調和するころには皆さん気持ちが良くなって眠られます。
楽健法研究会本部HP
http://www2.begin.or.jp/~ytokoji/rakkenho/index.html
楽健法 動画 
https://vimeo.com/156089584

2016年9月14日水曜日

米ぬか酵素風呂 五日市   酵素風呂の入り方  




『どんな設備なの?』『どうやって入るの?』
毎日色々な方から問い合わせがあります。
...
酵素風呂が初めての方には、イメージしにくいかもしれません。


そこで、米ぬか酵素風呂 五日市の基本的な入り方の手順をご紹介いたします。




まず、ご予約の時間はお守りください。前後5分内でお願いします。


1. 初めてのお客様は受付でカウンセリングシートをご記入いただきます。問診表のようなものです。これまでの病歴、治療方法などをすべて書いてください。(入酵時間の目安やぬかのかけ方などを判断します。)


2. 更衣室(男女別)でバスローブに着替え、名前が呼ばれるまでお待ちください。


3. ぬかの準備が整いましたら、お名前をお呼びしますのでぬか部屋へお入りいただきます。脱衣かごにタオルとバスローブを置いて、裸で米ぬかの入った四角いおけに入ってください。


4. ぬかが人型に掘ってありますので、仰向けに寝ていただいて、胸と股の部分に自分でぬかをかけて隠してください。準備ができたら外に待機しているスタッフに声をかけてください。『できましたー!』とか『お願いしまーす!』とか。


5. スタッフが部屋に入って、足の裏から順番に全身にぬかをかけていきます。体の力を抜いてリラックスしてください。熱くてもじっとしていてください。(動くとぬかが空気に触れ酸化熱でますます温度が上がります。)少ししたら馴染んできます。


6. そのまま約15分間寝ていてください。時間はあくまで目安です。季節や体調、ぬかの状況などによっても前後します。


7. シャワー室へ移動します。体についたぬかをさっと洗い流します。
 
8. ガウンを着て休憩室に移動。30分ほど、横になってお休みください。水分補給は熱めのお白湯を少しずつ飲んでください。


9. 着替えて終了です。




いつまでも汗が引きません。帰宅途中に汗で体が冷えてしまう恐れがありますので、お帰り用にタオルを持参されるといいと思います。
どうでしょう?皆さんイメージできましたか?


また質問などあればコメントください。
お答えします。