米ぬか酵素風呂 五日市
WEB予約 〒731-5145広島県 広島市佐伯区 隅の浜1-3-11

ブログ

ホーム > ブログ

2018年6月16日土曜日

顆粒球による組織破壊と修復反応 米ぬか酵素風呂五日市のブログ

【止めてはいけないからだの修復反応と排泄反応】
◆顆粒球による組織破壊と修復反応
病は大きく2つの種類に分かれます。
一つは、交感神経の緊張状態が長く続き、過剰な顆粒球によって起こるものです。細菌の処理を行う際に顆粒球の排出する活性酸素が造血組織や粘膜を破壊して潰瘍や炎症などの病を引き起こします。...
交感神経の緊張は、長時間の無理な労働、恐怖などの精神的ストレス、消炎鎮痛剤の使用などによって起こります。冷たいもののがぶ飲みや強いお酒も組織障害の力があります。
思春期の若者が、試験前や試合の前など緊張してトイレに駆け込みたくなるのは緊張の強さから血流が悪くなり内腔臓器(内が空洞になっている臓器、大腸、小腸など)が縮むためです。内腔臓器は血管収縮が強くなり血流が止まるので小さく萎縮した状態になります。24時間経つと血流は回復されますが、その間に潰瘍が形成されてしまいます。
組織破壊が起こると、体は何とか修復しようと血流を回復させる反応を起こし、プロスタグランジン、ヒスタミン、アセチルコリンなどを放出して発熱や痛み、腫れを起こします。これが炎症反応です。赤く熱を持つのは、破壊された部位の血管を広げて温かい血液をたくさん集めているからです。腫れは修復に必要な血液細胞が、体を守りピンチを切り抜けようと必死にがんばっています。発熱、腫れ、痛みなどは、すべて修復しようとする反応です。やけどで起こる腫れや痛みも、しもやけで起こる腫れや痛みも、何とか元に戻そうとする同じ反応です。患部に血液が流れて修復しようとするため血流にあわせて痛くなります。
下痢や腹痛を訴える潰瘍性大腸炎もクローン病も、内視鏡で見ると粘膜が炎症を起こし腫れています。
下痢は副交感神経反射によるものです。交感神経緊張状態を副交感神経に一気に引き戻し蠕動運動を促して大腸に詰まった内容物を下痢で排泄しようとします。
腫れて痛いのでなんとか炎症を抑えなければと思って消炎鎮痛剤を使用しがちです。しかし、消炎鎮痛剤は血管を収縮させ血流を阻害するので、体が修復しようとする過程を止めてしまいます。
消炎鎮痛剤、腸溶性のアミノサリチル酸は痛み止めですから、熱心に使うと修復が遅れて治らなくなりかねません。

次回はリンパ球過多による排泄反応を書きます。