米ぬか酵素風呂 五日市
WEB予約 〒731-5145広島県 広島市佐伯区 隅の浜1-3-11

ブログ

ホーム > ブログ

2019年10月2日水曜日

【ガン細胞は生き延びるための知恵 2】米ぬか酵素風呂五日市のブログ


◆ガンは低体温、低酸素、高血糖が大好き
低体温は、血流が滞り免疫力が抑制されガンが活発に分裂増殖を行いやすい状態です。
低酸素は、ミトコンドリア系でエネルギー生成ができにくくなり嫌気性のガンがはびこりやすくなります。
高血糖は、ガンの増殖する解糖系のエネルギー生成には必要条件です。
低体温、低酸素、高血糖はガンにとって住みやすく、増殖しやすい、大好きな条件です。
その反対に、酸素と温かさが必要なミトコンドリアにとっては、生きづらい状態です。
そのため、生命の危機を感じ解糖系をフル活用して、瞬発力で生き延びようと緊急避難をしています。それが発ガンです。
ミトコンドリアが細胞内に持ち込んだ分裂抑制遺伝子を停止させて、分裂の抑制を解除し、20奥年前に原核生物だったときの性質が出て、急激に分裂を始めてしまったわけです。
過酷な環境に対応して、先祖返りを起こしてまで生き続けようとするからだの仕組みです。
ガンが悪いわけではないのです。
逆にガンのおかげで即死せずにすんでいるわけです。


全ての病気は起こるべくして起きた必要な現象、適応現象ですから、悪いものはありません。
生き延びようとする反応がガンならば、その対策も可能です。
低体温、低酸素、高血糖の身体の状態から脱却できれば、解糖系生命体のガン細胞は生きづらくなります。回復したリンパ球に攻撃されてガンが消滅していきます。
解糖系に頼らない食事に変えて(精製糖質制限+高タンパク質+メガビタミン+適度な脂肪酸+適度なミネラル=藤川理論)
細胞の奥深くまで酸素を取り入れて、しっかり温めましょう。
ガン患者さんの身体は、血液のPHも7.30以下ですが、酸素や温熱によってアルカリ性の世界に戻りPH7.35を超えるとガンの自然退縮が始まります。(ケトン値で1000以上)
すると、仮死状態のミトコンドリアも息を吹き返し、活性化させることができます。
ガンに感謝しながら、低体温、低酸素、高血糖の過酷な状況を脱却していけば本当の回復に向かいます。
次回は、嫌気性解糖からミトコンドリア系でのエネルギー生成(クエン酸回路の代謝)に変えるための必須栄養素をお伝えします.